トップ

歯科でインプラント

歯科について知っておく事

歯科で導入するインプラント手術

インプラントの手術では、人工の歯根を顎の骨に直接埋め込みます。そのため、手術部位の顎の骨の密度や量、それに隣の歯の位置との関係が大変重要です。手術を行う歯科では、術前に精密な検査を行って顎の骨の状態を正確に診断しています。同時に、安全で確実な手術を患者さんにとって負担の少ない短時間で行うためには事前に手術のシミュレーションを設計しておくことも必須です。多くのインプラント歯科では、術前検査にデンタル専用のCTスキャンを採用しています。CTスキャンでは顎の骨の様子を立体的に撮影することができ、そのデータとコンピューターを連動させる方法で手術のシミュレーションが設計可能です。

インプラントのシミュレーション

インプラントは顎の骨に人工の歯根を埋込み、それに人工の歯の被せものを被せるといった歯の再生治療方法です。骨に異物を埋め込むことから、そもそも手術が可能なのか、また安全に手術が行えるように骨の状態などを事前に検査する必要があります。今では多くの歯科でCTを利用して状態を解析し、埋込位置などをシミュレーションすることで手術中や術後のトラブルを防ぐ取組を行っています。また、手術の中には歯肉を切開しない無痛治療と呼ばれるものも存在するため、痛みが不安で敬遠されている方は近くの歯科に相談してみるとよいかもしれません。

↑PAGE TOP